スマドラの種類について

スマドラの種類について

スマートドラッグは、頭が良くなる、集中力を高め、やる気を向上するなどの脳の機能を向上させる効果があるとされています。

使われる成分によって、主に3つの種類に分けられているのです。脳内化学物質である神経伝達物質を調整するタイプ、主にピラセタムが知られています。

そして脳の血流を改善するタイプ、そして脳が消費するエネルギーを供給するタイプがあるのです。神経伝達物質を調整する主な種類は、ピラセタムです。

スマートドラッグのなかでも人気が高く、集中力を高め、記憶力や暗記力など学習能力を向上させるといわれます。

元々はアルツハイマーの治療薬として開発されたといわれており、記憶力や集中力を高める効果があることが判明したことで広まったとされています。

ピラセタムを摂取することで、記憶や注意力、集中に関係するとされる神経伝達物質アセチルコリンの濃度が高まり、そして脳内の血流を増やすことで、酸素の供給量も改善され、血液が十分に供給されることで脳の機能が向上します。

また右脳と左脳をつなぐ脳梁に作用することで情報伝達を促進し、脳全体の働きを高めるともいわれており、脳の血流を改善するタイプのスマートドラッグは、脳への血流量を増加させ、脳内の毛細血管を拡張させる働きをさせます。

主な種類は、ビンポセチンなどがあります。血液の循環を良くすることで、赤血球が運ぶ酸素などを脳の組織に効率良く、まんべんなく届けることができ、酸素が潤沢に脳に送られることで脳の働きが高まり、集中力や記憶力が向上します。

またノルアドレナリンを放出される効果もあるとされ、ノルアドレナリンが前頭葉に働きかけることで、認識力や判断力が向上するとされ、瞬間的な判断力が高まることから、反射神経を良くする効果もあるとされています。

脳が消費するエネルギーを供給するタイプのスマートドラッグは、考えることで消費されてしまう脳の神経伝達物質アセチルコリンを合成するための原料となるのです。

主な種類はコリンなどがあります。脳の機能の構成と修復に関わる栄養素とされる成分を含み、細胞膜の保全、神経伝達などの役割も果たし、また血液と脳の組織液との物質交換を制限します。

血液脳関門を通過するとされる分子が小さいタイプは、脳内に到達して効率的にアセチルコリンの量を増やしてくれるとされています。神経活動や記憶の改善、そして集中力を高める効果があるとされているのです。