スマドラにリスクはあるか

スマドラにリスクはあるか

近年、中高生の間で注目集めているものの一つにスマートドラッグが挙げられます。

これは中高生たちの間では、頭が良くなるもの、集中力が高まるものとして認知されていて、SNSでも拡散され、それによって存在を知る人も多く見られます。

そもそもスマートドラッグとは、認知や記憶、思考など、脳の機能を高めたり、集中力を高める機能を持つ薬品や物質のことを指します。

その物質の中には、ビタミンやアミノ酸、DHAといった食品にも豊富に含まれている成分もあれば、一般的なサプリメントにも含まれている成分、医薬品や覚せい剤など、その種類は多種多様と言えるでしょう。

学生に注目された理由として、受験などで成績を上げたい学生に、人気があることが考えられます。頭がすっきりして回転も良くなり、記憶力や集中力が高まるといわれているため、成績を上げるにはふさわしいもののように聞こえるでしょう。

効果や効能としては、脳の神経と神経の間で信号を伝える作用をする、神経細胞の原料になる、脳の栄養補給や酸素の供給を助けるなどの効果が期待され、脳の機能を一時的に改善する効果があるといわれています。

しかしこのようなものにはリスクはつきものといえるでしょう。特に薬を代謝して排泄する臓器である肝臓や腎臓には、大きな影響を及ぼしやすいと言えるでしょう。

リスクとして考えられることは、まず一つ目に添加物の悪影響が挙げられます。成分自体に副作用が考えられるものも多くあり、どこでつくられたのかわからない薬には、添加物などの悪影響も考えられるでしょう。

次にイライラや不安感を感じやすいということです。スマートドラッグは効果を感じやすい薬ですが、薬が切れた時には、イライラしたり不安な気持ちになりやすいといえます。

次に薬への依存です。イライラや不安感などの気持ちを和らげるために、どんどん薬に頼らざるを得なくなります。これがスマートドラッグの依存の始まりと言えるでしょう。

薬を使い無理をする癖がつくと、生活リズムは乱れます。薬によって体が無理をしているので、本人が気付かないうちに体が悲鳴をあげて、体調を崩す可能性もあるでしょう。

またスマートドラッグを使う中で、ほかの薬にも興味がわいて、薬を使うことに抵抗がなくなると、違法なドラッグに手を出す可能性も出てきます。

中高生はまだ身体機能が未熟で、脳も成長過程にあります。保護者とも相談したうえで利用するようにしましょう。